28歳9ヶ月で一度も行ったことのない韓国へ語学留学しその生活の出来事を書き綴ってきた。 現在、帰国し日本での生活を開始した。 これから、また一から出直しだ!頑張ります。
プロフィール

あんな

Author:あんな
札幌大好き☆30歳(おんな)
仕事を辞め、第2の人生を探しに
2005年12月から韓国へ語学留学
2006年8月帰国
現在、新しい人生を歩み始めている。。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年、8月末に帰国してからすぐに結成された「札幌韓国語スタディ」は、毎週土曜日に行われています。
私は、毎週その「韓国語スタディ」で勉強会に参加しています。

そこには、毎週だいたい決まったメンバーが集まって、韓国語で討論したりしながら、韓国語を勉強しよう!という意欲ある人達が集まっています。

私にとっては、韓国語から離れずに、勉強を続けられる大事な時間。

毎週違った主題を決めて、発表者、司会者なんかもちゃんと決めて皆一生懸命に勉強してます。
(主題が難しくて、ついていってない気もするけどね^^;;)

そこで出会った友人たち。
もうかれこれ、6ヶ月位毎週1・2回の頻度で会ってる(笑)
私には本当に心強くて、いい仲間に巡り会えたなと感謝してるんです。

スタディが終わったあとには、お昼ご飯を食べに行ったりして、夕方までず~っと話込んだりして、そんな時間がすごく楽しい(*^^)v


2月24日(土)スタディに参加している友達のお家でホームパーティをしよう!という話になり、招待されて行って来ました!

でも、行ったら、、、
なんとちょっと遅い私の誕生日パーティを開いてくれたんです!

朝早くから準備してくれたであろう、料理の数々、そしてケーキにプレゼントまで\(◎o◎)/!びっくり。皆が誕生日祝いをしてくれて感激な一日でした(^_-)-☆
スポンサーサイト
最近というのか、今月ね(笑)

韓国で出会った親友が札幌まで来てくれた。

北海道に来るのが初めてだと言うので、どこに連れて行こうか、、
正直、悩んだ(ーー;)

札幌に来て、見る甲斐のあるものってなんだろう?とか
見たい物ってなんだろう?とか

ず~~~っと札幌に住んできた私には、正直、何が珍しいのかよくわからなくて(^_^;)

だから、定番の観光地には行ってみよう!という結論になった。

①羊ヶ丘展望台
(Boys be ambitious! - 少年よ大志を抱け! - で有名なクラーク博士像がある。ついでに、札幌ドームも遠めで見える。)


②石屋製菓工場
(白い恋人~~♪で有名な石屋製菓。
 白い恋人の特大版を作った。私も初めて白い恋人を作った(笑))

③第58回さっぽろ雪まつり
(第58回さっぽろ雪まつりには210万1,000人もの人が来場したらしい。その中の2人は私と友人(笑))

④札幌時計台

⑤北海道庁~赤レンガ~

⑥北大クラーク像

⑦小樽
(北一硝子・オルゴール堂・小樽運河・雪あかりの路・小樽地ビール)

①~⑦の観光地を巡り巡って来た。

食べたものは、、
①スープカレー
②ジンギスカン
③ラーメン
④小樽運河沿いで地ビール飲みながら軽いつまみ
⑤寿司
⑥母の心こもった美味しい手作りご飯

宿泊地:鈴木家2階の六畳間


約5ヶ月ぶりの再会で、久しぶりに話も沢山出来て、すっご~~く充実してました。
友達も喜んでくれた様子で良かった(*^^)v
札幌が意外と都会でちょっとビックリしたみたいだったけどね(笑)
まぁ、来たことがないと北海道=「北の国から」のイメージでしょうね(-_-;)
でも、私は家の傍できつねを見つけて「ル~ルルルル♪」とか、したことないしね(笑)
きつねとか牛とか見ると、わぁ~~~\(◎o◎)/! と思うし。

お友達も初北海道を満喫してくれたみたいで私も満足でした。

小樽では「とんぼ玉」作りも体験できて、普段とはちょっと違う小樽を私も体験出来ました。
あ!石屋製菓で作った「白い恋人」もね!!

ふつ~に札幌にいたら、見えてこなかったり、体験できないことを感じられて私にとってもとても充実した日々でした(*^^)v

また、来てくれるかなぁ~~。
北海道は、冬もいいけどやっぱり、6月とか7月もいいんです!
その時は富良野とか美瑛をぜひご案内したいなぁ~~。(ご案内出来るほど、熟知している訳ではないけども。。)
6月のラベンダー畑は本当に綺麗だし、あのラベンダーのじゅうたんを見たら、感動しちゃうよ。たぶん。

それにしても、友達。。
お土産だ~いぶ買い込んでたな\(◎o◎)/!
あのお菓子たち、、ちゃんと消化できたのか心配(笑)


私もどこか行きたい。。
友達のところに行っちゃおうか! お金と時間があればね(^_^;)
親友よ~次は私をどこか楽しいところに案内してね(*^^)v
今、韓国ではお正月なんです。

???と思う方もいらっしゃるでしょう。

韓国は「旧暦」でお祝いするんです。

体験談で言うと、昨年の1月1日は休日だったけど、2日からは普通に学校が始まった(笑)
おまけに、去年のその頃は中間テストだった。(;一_一)
それに、ウィンドウに飾られている飾りはクリスマスの名残りだった。

12月31日には一応年明け行事みたいな物もあるけど、でも韓国のお正月本番は旧暦にあたるお正月。毎年日程が違う(^_^;)

今年はまさに今がお正月!
そう、だからお正月番組で韓国の伝統服(ハンボク)を着て、司会してたりする。
日本でも、着物を着た人達がお正月番組にたくさん出てくるじゃない?
そんな感じで、韓国でもお正月番組をやっている。

名節にはソウルから人がいなくなる(^_^;)と言われている韓国。
まぁ、いなくなるっていうか、いつも騒がしい町がほんの一瞬、静かになるって感じでしょうか。
ちょっと大げさかもしれないけど、それだけ韓国の首都ソウルには、韓国の中でも人口が集中しているという事を表しているのかも。。

まぁ、札幌人の私にとってはまさに大都会だったわけでありました。
2월 13일(화) 내 생일이었는데...

워킹비자로 삿포로에 왔던 친구가 서울에 귀국했다.

작년 8월에 내가 서울에서 돌아와서 바로 만난 친구이었는데 그 사람과 난 처음엔 사이가 별로였다.

서로 첫인상이 안 좋고 앞으로도 별로 친하지는 안한다고 생각했었다.

하지만 어느 날 집에 가는 길에 그 사람이 나와 잠깐 얘기 좀 하자고 했다.

난 조금 싫다고 생각했는데 그 사람이 그렇게까지 했으니 그냥 얘기했다.

그 사람은 나에게 왜 일본에 왔는지 설명을 시작했다.

그 이유는 말할 수 없지만요..

난 그 사람이 나에게 그렇게 얘기 할 줄 몰랐는데 그런 얘기를 해줬단 게 좀 감동했단 말이다.

그 때의 난 웬 일이 있어서 마음이 섭섭하고 정신이 없었다.

그 사람 얘기가 나의 그런 기분을 풀어줬다.

그 때부터 우리는 친구가 됐다.

그 사람에겐 여러 가지 내 고민을 상담하거나 하면서 조금씩 친하게 해 갔다.

그런 사람이 올해 들어와서 갑자기 서울에 돌아갈 거라고 했다.

나한텐 너무 슬픈 일인데 그 사람한텐 서울에 가는 게 좋을 것 같다..

역시 소중한 사람이 많이 있으니까...

가는 게 좋을 것 같다고 그런 생각이었다.

하지만..

역시 없어지면 섭섭하다..

벌써 보고 싶다..

이제 난 우리 친구로써 만나서 좋았구나.. 그렇게 생각한다..

떨어졌으니 친구가 끝는 게 아니라 앞으로 더 좋은 친구가 될 수 있겠다.

그렇게 생각해요..

친구야~~~~ 잘 살아라~~~!!! 그리고 또 보자구~~~!!!!
三十路を迎えたからという事ではなくて、日本に帰ってきてからずっとずぅ~~っと考えてきた。

一体、何しよう?何をしたらいいのか?ってことを...
自分が追い求めるものってなんなんだろう?

やっぱり、28歳という年齢で、留学っていう大それたことまでしたから、周囲は期待をするわけで、、
でも留学したからといって言葉を活かして仕事に就けるわけでもなくて、、

そんな中途半端な自分に腹が立ち、色んな葛藤があったりして。。



帰国後2ヶ月は、ニート生活を体験した。



でもその後、ある仕事について、毎日毎日必死に3ヶ月働いてきた。
そう、休みもほとんどなく、働きまくった。

そんな生活のせいで、私はちょいとボロボロになっておりました。

そこで、気が付いた。このままではいけないと...

そして決めました。

またやり直します。そう、何だって挑戦です。
出来ないこと?
そりゃあ、あるとは思うけど、やってみないと出来るか出来ないかなんて判断できないと思うのです。

だから、挑戦して、きっと何かを見つけてみせる!と思うんです。

頑張ります。

生きていくって、大変なんだ。
壁にも当たるさ!その壁クリアする為に、今の努力は必要なんです。
タイトル変えました(笑)

2月13日は私の誕生日

もう、年齢がバレてるのでしょうがない(;一_一)

一瞬、タイトルに年齢入れないで、いっそ別のタイトルを考えようとも思ったけれども。。。まぁ、ここまで来たら開き直り(笑)

30歳。。はい、三十路を迎えた私です。

かな~りサボり気味ではあるブログでございますが、今後ともお願いいたします。
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。